SV

| 未分類 |

テクノロジー02SVというのは、サイドバルブエンジンのことです。シリンダーは下に設置をされています。バルブ氏レンダーの横にあり、上向きに設置されているのが特徴です。日本国内で、現在はほとんど使用されていないものです。日本語では側弁式ともいわれています。ガソリンエンジンの初期に用いられていたものです。構造がとても単純なものです。エンジンを小型にすることが可能になりました。そして、丈夫なエンジンになります。静寂性は大きなメリットでした。そのために、新しいものが出てくる前は、高級車にも多く取り入れられていました。修繕や調整が簡単にできるのはよい点です。それは、付属の部品が要らないためです。しかし、効率を考えると不利な点が多くあります。このエンジンの欠点を改良して新しいものが次々に開発をされていったのです。このエンジンは、世界大戦の戦闘機に用いられていました。ドイツ軍は、積極的にこのエンジンをとりいれたものを多く使用していました。戦後は減少傾向になりました。日本車では、1963年にこの純然のエンジンを使用した車の製造が終了をしました。現在は発電機などに使用をされています。また、一部の管理機に使用されています。