DOHC

| 未分類 |

DOHCとは、ダブル・オーバーヘッド・カムシャフトの略で、レシプロエンジンで、排気と吸気の2つの運動から、それぞれ別々にカムシャフトを動かします。
カムシャフトとは、回転させてピストンを上下運動させる為のもので、1基のエンジンに対し2本のカムシャフトを使用するものをダブルカム(ツインカム)といい、1基のエンジンに対し1本のカムシャフトを使用するものをシングルカムといいます。
レシプロエンジンとは、ガソリン等の燃料を燃焼させ、ピストンがシリンダー内で往復運動をして出力を発揮するエンジンで、現在市販されている自動車の主流エンジンです。燃焼エネルギーをそのまま回転運動として取り出すタービンエンジンやロータリーエンジンと対比できます。
レシプロエンジンの燃焼サイクルには、4ストローク型と2ストローク型があり、4ストローク型は、吸気・圧縮・膨張・排気をクランクシャフトが2回転する間に行います。
2ストローク型は、吸気・圧縮・膨張・排気をクランクシャフトが1回転する間に行います。
2ストローク型にはパワーがありますが、燃費が悪い・静粛性に乏しいなどの欠点があります。
アメ車など大排気量で圧倒的なトルクで走らせる車には、シングルカムが向きますが、日本車メーカーのように緻密に作れる技術力があるなら、ダブルカムのほうが、低排気量で馬力を稼ぎ、低燃費となります。