エンジン:種類ごとの特性

| 未分類 |

エンジンを内部の形状で種類分けすると、レシプロとロータリーに分かれます。
レシプロは、現在もっとも一般的なもので、シリンダーの中をピストンが上下して、①吸気、②圧縮、③点火・膨張、④排気のサイクルを行い、クランクシャフトを介して回転運動につなげます。クランクシャフトが2回転する間に上記のサイクルを行う4ストロークが主流ですが、クランクシャフトが1回転の間に①吸気と圧縮、②点火・膨張と排気を行う2ストロークもあります。現在は騒音や排気ガスの規制の関係で、ほとんど製造されていません。
ロータリーは、楕円形の中央が少しくびれたような形状のローターハウジングの中を、三角おむすび形のローターが回転し、吸気から排気までのサイクルを行います。ローターの内部には内向きのギアがついた穴があり、その穴の中に外向きにギアのついたエキセントリックシャフトが通っており、ローターが1回転するとエキセントリックシャフトが3回転します。レシプロに比べてロータリー長所は、軽量、コンパクト、低振動、低騒音、高回転でのハイパワーなどで、短所は、燃費が悪い、低速でのトルク不足などが挙げられます。
ディーゼルは、形状からみてレシプロに含まれますが、ガソリン車とは違い点火プラグがありません。圧縮によって600℃以上に加熱された空気に燃料を噴射することによる自己着火で、爆発膨張します。これの特徴は、ガソリン車に比べ、燃費が良く、低速トルクもありますが、これ自体が大きく、振動もあり、窒素酸化物が発生しやすいといった難点もあります。