スーパーチャージャー

| 未分類 |

スーパーチャージャーとは直訳すれば「過給機」ということになりますが、一般的には機械式過給機のことを指します。過給機は燃料の混合器を通常の状態よりも圧縮しより爆発力を高めることによってより高い出力を得ようとするもので、航空機や自動車あるいは船舶のエンジンにも採用されています。機械式過給機の場合、ターボチャージャーのように排気ガスを利用して吸気の圧縮を行うのではなく、エンジンの出力の一部を利用して吸気圧縮を行うもので、ターボチャージャーよりもレスポンスが良く、フラットなトルク特性を示すために大変扱いやすいものです。ただし、常にエンジンの出力の一部を圧縮機に用いるために速度が低い状態では燃費の悪化を招くという欠陥を持っています。またターボチャージャーに比べて機構が複雑で部品点数も多くなってしまうためにエンジンの重量増を招くという欠点もあります。しかし低回転域から盛り上がるようなトルクの上昇がみられる機械式過給機はその扱いやすさからトラックなどの輸送用車両のエンジンに用いられることが多く、目立たないながらも多くの車両のエンジンに採用されています。かつて日産自動車は低回転域での強みを高回転を得意とするターボチャージャーと組み合わせたエンジンを開発し、「ツインターボ」という名称でマーチRやパルサーGTIRといった自動車競技のベース車輛に採用したこともありました。