ターボチャージャー

| 未分類 |

テクノロジー03ターボチャージャーは、過給機のひとつの方式のことです。内燃の効率を上げるために利用をされています。排気ガスには有害物質が含まれています。この有害な成分を減らすことができるのです。そして、熱効率が良いので、低燃費で走行が可能になります。
これは圧縮し空気をエンジンへと送るのです。これによって、排気量以上の混合気を燃焼することが出来るのです。これは、排気ガスのエネルギーを使います。タービンを高速に回転させるのです。そして、遠心式圧縮機を動かします。
これは、スイスの技術者が開発したものです。ディーゼルエンジンに利用されたのは1940年代のことです。また、航空機にも利用されたことがあります。市販のガソリン車では、1962年にアメリカで登場したのが最初のことです。日本では、1979年に初めて採用されました。馬力もあって、低燃費のために販売を大きく伸ばしました。宣伝の効果もありました。しかし、その後は衰退の傾向になりました。開発または、メンテナンスに費用がかかるため縮小しました。しかし、軽自動車では、積極的に採用がされています。それは、軽自動車の場合は税が優遇されているからです。そして、もとから燃費が大変良いことが関係しています。